To-C

鍼灸院について

鍼灸院の種類と選び方

鍼灸院にはいろんな種類の施術がある。最近の流行りは鍼を刺したかわかない程の小さな細い鍼を刺すことである。その他では長くて太めの鍼を奥の方まで刺すタイプ、鍼にお灸を乗せるタイプ、鍼に電気を流すタイプなどいろんな種類があるのである。効き目に関しては、体の中の方まで凝りが酷い方は長めの鍼が必要で、鍼が苦手で後からだるさを感じる方は細い鍼がお勧めである。人によって合う合わないがあるが、先生に症状を相談して施術することが必要になるのである。鍼灸院は個人でやっている所が多く技術差があるので選ぶ時には迷うことが予想されるので、地元の方に人気がある鍼灸院を聞くか、ネットなどで人気がある所を探すのがお勧めである。

保険が適用される場合がある

鍼灸院は医師の同意を得れば健康保険が適用されることがある。症状にもよるが、1五十肩、2リウマチ、3腰通症、4神経痛、5肩凝り、6ムチウチなどが適用の範囲になるのである。初めに病院で受信を行い先生に鍼灸院に通いたいことを説明を行い同意してもらうことが必要だが、先生によっては絶対に認めない方がいるので、事前に同意してくれる病院か調べてから受信することが必要である。 同意書は3ヵ月間有効で期間中に鍼灸院に行けば保険が適用されるのである。適用されれば3割負担で受けることが出来るので負担が少なくなるのである。注意が必要なのは鍼灸院によっては保険を受け付けないところがあるので、使用した方は事前に使うことが出来るのか調べることが必要である。